プロダクトキーの認証ができない

Question.
認証画面で正しいプロダクトキーを入力したにもかかわらず、プロダクトキーの認証ができません。
どうすれば使用できますか?
Answer.

ライセンスが不正、またはライセンスが残っていないなどのメッセージが表示された場合は、以下のケースが考えられますのでご確認ください。

 1.新しいコンピュータに先にインストールして、既に認証を済ませている。
 2.古いコンピュータで過去に引越しをして、今回ネットワーク名を変更している。
 3.初めての引越しだが認証を済ませてからネットワーク名を変更している。
 4.以前別のコンピュータで引越しを済ませている。
 5.初めての引越しだが別のコンピュータで認証を済ませてから行なおうとしている。

今回初めてご利用になる場合は、1.~3.が考えられますので、該当する場合
は以下のようにお願いいたします。


■1.の場合
以下の情報を明記の上、AOS テクノロジーズ技術サポートまでメールでお知らせください(hikkoshi@aos.com)。後ほど詳細な手順についてご案内いたします。

  • 引越し元になる古いコンピュータのコンピュータ名
  • 認証してしまった新しいコンピュータのコンピュータ名
  • プロダクトキー
  • 現象発生に至る手順

■2.と3.の場合
コンピュータ名を元に戻してください。コンピュータ名が不明な場合は、引越し元になる古いコンピュータの「現在のコンピュータ名」と「新しいコンピュータのコンピュータ名」とプロダクトキー、現象発生に至る手順を明記の上、改めてサポートにメールをお出しください(hikkoshi@aos.com)。後ほど詳細な手順についてご案内いたします。

【コンピュータ名の戻し方】

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、マイコンピュータのアイコンを右クリックして「プロパティ」を開いてください。 (Windows Vista/7 の場合は [スタート]メニュー内の[コンピュータを右クリック>プロパティをクリックし、[設定の変更]をクリックします)
  2. 「プロパティ」画面の「コンピュータ名」をクリックします。
  3. フルコンピュータ名近くの「変更」ボタンをクリックし、「半角英数」または「直接入力」モードで元のコンピュータ名を入力してください。
  4. 「OK」してプロパティ画面を閉じてください。
  5. コンピュータから再起動を促されますので、再起動します。
    ※ OS の仕様上、全角あるいは日本語でも入力可能ですが、ネットワークのルールにより全角あるいは日本語でつけられたコンピュータ名ではデータの転送ができません。これは本製品の仕様ではなくWindows の仕様です。

■4.の場合
「ファイナルパソコン引越し」は引越し元のコンピュータ1 台に対し1 ライセンス必要となります。別のコンピュータを引越し元として引越しを行なう場合は追加ライセンスの購入が必要です。以下のURL からご購入ください。

 ◆追加ライセンス購入
  → http://www.finaldata.jp/purchase/fp_license.html

■5.の場合

上述のコンピュータ名の確認方法を参照して、以前認証してしまったコンピュータのコンピュータ名と今回認証させたいコンピュータのコンピュータ名、これらの経緯説明をプロダクトキーとともにお知らせください(hikkoshi@aos.com)。後ほど詳細な手順についてご案内いたします。



※Webwasherのようなプロキシや、GhostSurfのようなウェブブラウジングをしている時にインターネットからあなたのコンピュータを隠してしまう製品を実行している場合にこの問題が時々確認されています。そのような製品を全て閉じてプロダクトキーの入力を再度試してください。